光触媒は光によって生まれる環境に優しい技術



●『光触媒が複合臭気をキレイにして脱臭します』
 『光でまわりの臭気をキレイに脱臭する』それを可能にしたのが、光触媒技術です。光触媒に光が当ると、まわりにある嫌な悪臭物質や複合臭気、又シックハウスやアトピーの原因となる化学物質を分解してくれます。また空中を浮遊する細菌類等も極めて高い抗菌・除菌能力を発揮します。 この抗菌・除菌効果については、単に細菌類について効果が有るだけではなく、微生物の死骸をも分解する事が出来るのです。さらに、抗菌剤とは違い、細菌類をただ死滅させるだけではなく、その毒素まで.も分解します。そのほか汚れがつきにくくなるセルフクリーニング機能や水を全くはじかなくなる親水性等の効果でも注目されています。


●光触媒とは
自分自身は変化する事なく、光があたると『化学反応を促進する物質(触媒)』の事。


●光触媒反応とは
光があたれば、表面に触れるもの分解してしまう化学作用の事。


●光触媒の仕組み(図解)

 

 

 

メカニズム(図解)
●酸化チタン表面における酸化還元反応


光が酸化チタン表面に吸着されると、e-と正孔(h+)と呼ばれる二つのキャリアが出来ます。
酸化チタン表面には吸着水と呼ばれる水分子が存在しこれが正孔により酸化されると、分解力の強いヒドロキシルラジカルが生成し、これが有機化合物を分解します。その酸化力の電位は、フッ素やオゾンよりも強力です。そして還元反応によりe-が水分子と反応し水素を生成します。